行田淡水魚
トップ | ブログ | 沿革 | サイトについて |



  にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

行田淡水魚
普通めだか 普通めだか
普通めだか 普通めだか
埼玉県名発祥の地行田でめだかを養殖し小さなめだか屋さんの屋号で販売しています。 小さなめだか養殖業者ですが、夢は大きく日本国中を背びれなしめだか、各種出目めだか でいっぱいにして皆様に喜んでいただけることを目標にしています。出目めだか以外にも 各種透明鱗、みゆき等も多数取扱っております。
養殖池
1号ハウス 2号ハウス
全景 泥池
めだか繁殖用設備        2012年4月現在
繁殖用設備占有面積約 約1.600
生産能力 めだか約20万匹〜30万匹以上/年

ビニールハウス             4棟
倉庫用ビニールハウス   1棟

容器及び池
17mX13m                   2面
10mX13m                   1面
7mX13m                     1面
2mX4m                       2面
1.5mX4m                     4面
2mX2m                       12面
1mX3m                       3面
400l                           6個
200l                           8個
100l                           60個
60l                             24個
20l発泡スチロール             約20個
10l発泡スチロール             約40個
主要取引先(出荷)
出荷 出荷
出荷 出荷
出荷先の埼玉県水産流通センター(観賞魚市場)の紹介
取引量では東日本最大の規模の大きな市場です。 毎週水曜日(冬季は隔週)に開かれ埼玉を中心に関東近県及び、遠くは福島、青森で養殖された錦鯉、金魚、めだか及び、タナゴ等の淡水魚全般が集荷されます。 ここで取引された観賞魚が問屋さんを通して全国のペットショップに届きます。

【埼玉県水産流通センター・年間行事】
埼玉養殖魚まつり      毎年4月第1週の日曜日
埼玉県観賞魚品評会  毎年11月3日