記事一覧

日本観賞魚フェアーが開催されます!!

ファイル 504-1.jpgファイル 504-2.jpgファイル 504-3.jpgファイル 504-4.jpgファイル 504-5.jpg

皆様、こんばんは。

しばらくぶりの投稿になります。

4月8日~10日に東京江戸川区のタワーホール船堀にて、第34回日本観賞魚フェアーが開催されます。

本日、(7日)水槽にめだかが準備されました。

今回は、会場入口左側のところに展示されていますよ。色々な観賞魚のコンテストも予定されています。東京近郊の方は是非おいでください。

綺麗なめだか、変わりめだか、最新のめだかとご覧頂けるかと思います。
春の一日、ショップや水族館にいない沢山の淡水魚の鑑賞を是非どうぞ!

先日の3日(日)埼玉観賞魚即売会に沢山の皆様にお出でいただき、大変ありがとうございました。

今回は、金魚とめだかを販売している所が多かったですね。当園はめだかだけでしたが、皆さんにお買い上げ頂き大変ありがとうございました。

色々な品種を用意しました。これから沢山増やし楽しんでください。次回の即売会は11月3日(木)になります。お楽しみに!


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

参考にして!ハウス内エアー配管の手直し!!

ファイル 503-1.jpgファイル 503-2.jpgファイル 503-3.jpgファイル 503-4.jpg

皆様、こんばんは。

2月も20日を過ぎハウス内の日中は25℃を超えるようになって来ました。

水もぬるみそろそろ産卵まじかとなりめだかの季節を迎えます。

当園のハウス内2段棚の容器にはエアーを入れていませんでしたが、今回配管をしました。VP16mmパイプに1方コックを100個前後取り付けました。

4.8mmドリルで穴を開け1方コックを取り付けますが、当園が以前公開した取り付け方法で作業しました。

皆さんは分かっていると思いますが1方コックを取り付けにもドリルを使います。

写真のようにチャックに1方コックを締めつけ、穴に直接ねじ込みます。

手で取り付け作業をやった方はわかっていると思いますが、大変苦労をしますよねぇ。
でもこの方法で取り付けると時間もかからず簡単に出来ると思います。エアー配管をするときはぜひ参考にしてください。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

久々の投稿になります!!

ファイル 502-1.jpgファイル 502-2.jpgファイル 502-3.jpg

皆様、こんばんは。

しばらくぶりの投稿になります。冬の時期になるとなかなかネタとなるものが見当たらず、それを理由にサボっていました。

この間に当園のミニ加温室はあれよあれよ思っているうちに容器が溢れるところまで稚魚でいっぱいとなりました。

もう稚魚を孵化するところがありません!!ほぼ打ち止めと言ったところです。
稚魚が大きくなりましたら写真を投稿します。変わったものが出せれば良いと思いますが?どうかな。

写真は当園のミニ加温室の内部です。まぁ狭いこと!!

それと明日は今月2度目の市場があります。出荷するめだかの中で気に入っているめだかを紹介します。
琥珀透明鱗です。累代でとっているもので、どちらかというと茶系ではなく赤色で三色になるめだかです。
色が落ち着く2歳になると迫力のあるめだかとなります。

日差しも1日ごとに強くなりもう少しでめだかの季節を迎えます。今が飼育水の水質が一番悪くなる時期かと思います。水カビ病も発生しやすい時期ですので注意してください。

お詫び申し上げます。

昨年度よりメールの調子が悪くこちらからの発信はできるのですが受信が何故かできません。
連絡をお待ちの方がいましたら大変申し訳ありません。
連絡がありましたら携帯☎かSMSにて連絡をください。宜しくお願いいたします。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ロングフィン光り稚魚大きくなりました!!

ファイル 501-1.jpgファイル 501-2.jpgファイル 501-3.jpg

皆様、こんにちは。

しばらくぶりの更新になります。

昨日は当地方でも12cmの積雪となり、雪対策にネット外しやら散水にと対応しました。おかげさまで何の被害もなく今回は被害がありませんでした。

今後、何回の積雪があるか分かりませんが雪は大変怖いです。

今回は昨年末に光り体型のロングフィンを紹介しましたが、稚魚が大きいものでM寸になってきましたので画像を紹介します。

なぜかオスが大きくメスは小さいようです。ヒレの大きさで餌の量と運動量でサイズが違うのでしょうか?だいぶ大きさにバラ付きがあります。

また何故かオスが少ないような気がします。

このめだかが沢山のペアーが出来れば良いのですが、孵化率が極端に悪く大量繁殖には向いていないようです。

このオス個体も大きくなると”カッコ良くなる”と期待し少しでも多く繁殖出来ればと思っています。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

青蝶光りのその後!!

ファイル 500-1.jpgファイル 500-2.jpgファイル 500-3.jpg

皆様、こんにちは。

あっという間の1年でしたが今日で晦かを迎えます。

この1年沢山の方々にお世話になりました。お礼申し上げ上げます。

来年も宜しくお願いします。

今日は今年最後の投稿となりますが、来年には販売ができると期待してロングフィン幹之光りその後を紹介します。

大きさももLサイズに成長し半ダルマ体型でより一層背ビレと尻ビレが大きく感じられます。
ヒレと体型のバランスで横見は結構良いせんいっていると思っています。

ただ繁殖率が悪く(ヒレが大きいから?)増えてくれません。

来年に期待のめだかです。

良いお年をお迎えください。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

加温水槽の作り方?

ファイル 499-1.jpgファイル 499-2.jpgファイル 499-3.jpgファイル 499-4.jpg

皆様、こんばんは。

今年も残すところあと少しとなってきました。埼玉県地方のここ数日は例年並みの寒さとなり寒い年の暮れになりそうです。

当園も数種類のめだかを加温していますが、稚魚も泳ぎ出て小さなたらいも一杯の状態となってきました。

昨年はハウス内に1つ加温水槽を作りましたが、今年はもう一つ追加し2水槽にしました。

当園の加温水槽は400Lの水槽に約半分の200L近くの飼育水の量で使用するようにしました。満水だと変形が怖いため!!

作り方 構造は簡単です。
下に今回は30mm厚の断熱材とアルミが貼り付けてある10mmの発泡マットを敷きました。
周りは30mmの断熱材で囲み黒のポリでクルクルと巻きつけました。
上の蓋は写真奥が10mmの発泡マットを2枚合わせ、手前がブラインドタイプのポリカーボを使用しました。

ヒーターは300Wで昨年も使用しましたので、今年も同じ仕様としました。

4枚目が昨年から使用している容器です。

加温方法も色々ありますがこの方法も結構な数を飼育できると思いますが・・・
毎度ですみませんが同じような方法で加温するようでしたら自己責任でお願いします。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ブラック黄金背びれなしのその後!!

ファイル 498-1.jpgファイル 498-2.jpgファイル 498-3.jpgファイル 498-4.jpgファイル 498-5.jpg

皆様、こんにちは。

前回、このめだかを公開してから加温しF4をとっています。

出来た稚魚は8割方黒く見えています。ある程度色が固定してきたようです。

毎日親めだかを見ていますが、メス親は少しずつラメが増えてきたように感じます。ブラック黄金のラメの色合いは、ちょうどブロンズ像を磨いて光っている部分がラメのような感じです。

めだかがLLサイズに近づき赤色や青色などが背中の部分に幾らか見えてきたようです。

だいぶ遅咲きでしたが写真のF4に期待したいと思います。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

加須で昼食に挑戦?

ファイル 497-1.jpgファイル 497-2.jpgファイル 497-3.jpg

皆様、こんばんは。

今日はめだかとは関係ありませんが、市場のある加須市内の食堂で昼食となりました。地元で人気の店ですので紹介します。

山崎屋食堂というお店でむさしの村入口の近くにあります。

昭和のレトロな雰囲気で2~30年前にタイムスリップした感じの食堂と言うのが大変似合っているお店です。

ちょうど12時頃でしたので大きな駐車場はトラック、営業車でいっぱいでした。

このお店の特徴はすべて大盛りメニューで価格は普通なのですが、普通盛りでライスが倍?はあるのかと思います。

小で普通盛り、少なめで少し大盛り、普通は誰が見ても大盛りです。

O養魚さんは”でか盛り”3段階のうち小盛り(ライス800g装重量1300g)、H金魚園は定食普通盛りに挑戦。

当方は無理して”少なめのA定食”に挑戦しましたて感じ?

すべてが多めなので少なめを注文しましたがお腹いっぱいで普段8分目でしたら11分目位頂いたと思います。美味しかったです。

メニューはでか盛り大(ライス1500g)やカレーライスで同量もあります。

国道旧125号で加須市にあるむさしの村入口の近くに来ましたら挑戦してみたらいかがですか。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

受精卵の付着毛について!!

ファイル 496-1.jpgファイル 496-2.jpgファイル 496-3.jpg

皆様、こんにちは。

いつもめだかと向き合っていますが分からないことって色々とありますよね!

当園は産卵床に産み付けた卵を別容器に入れ、孵化させている方法で繁殖させています。

受精卵ですが産卵床を容器に入れ25℃以上あれば9日前後から孵化が始まり稚魚が泳ぎでてきます。

この時に受精卵は付着毛により絡みあって産卵床に固定されているものと思っていました。

今回はたまたま半透明の容器に産卵床を入れ孵化を待っていますが、よく見ると受精卵が産卵床より垂れ下がっているもの、下に落ちたものもあります。

いつも何も気にしないで孵化を待っていますが、受精卵から稚魚になるのも大変なんだな!と10数年めだかを繁殖させているのに始めて気付きました。

付着毛の強度も色々と個体差はあると思いますが、完全な接着剤では無いようです。

産卵床を使って繁殖されている方は、産卵後7日以内位で繁殖用容器に移されたほうが良いみたいです。

写真は半透明容器の側面より撮りましたので、はっきり写っていませんが参考に見て沢山増やしてください。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

産卵床 乾くんだ(君)?

ファイル 495-1.jpgファイル 495-2.jpgファイル 495-3.jpgファイル 495-4.jpg

皆様、こんにちは。

今日は、めだか産卵用産卵床について紹介します。

先日ホームセンターに行きましたら”バスマットの下にひくだけでバスマットが乾くんだ”なる商品が目にとまりました。

もちろん産卵床になるかな?との直感です。

10数cm角に切り中に入れたところ産み付けが確認できました。

素材はポリウレタンのスポンジで3~5mm位の空間が多数ある素材で結構使えるのではないかと思い紹介します。

色々な形状にカットできますので近くのホームセンターに行きましたら見てください。

なお、色が黄色で卵には保護色になりますが、年を取ってくると誠とに卵が確認しにくいです!!

使用にあたっては自己責任で。クレームは受け付けませんので宜しくお願いします!!!



皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ページ移動