記事一覧

赤っぽいクリアブラウンの子はラメ個体!

ファイル 403-1.jpgファイル 403-2.jpgファイル 403-3.jpgファイル 403-4.jpg

皆様、こんばんは!

6月3日に載せましたラメの入っためだかの内から赤っぽい色をしたものを親としました。

赤の載りが良いものを親として赤い個体にチャレンジしているものです。子供がやっとLMサイズとなりました。

ラメには余り期待していませんでしたがどの子もラメの乗りが良いようです。
色も今後濃くなると見栄えのある迫力のあるめだかになると思います。

見ていて楽しいめだかの一つです!


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

7月度一回目の市場がありました!

ファイル 402-1.jpgファイル 402-2.jpgファイル 402-3.jpg

皆様、こんばんは!

日曜日より出荷準備していましためだかが本日競りにかけられました。

先週の市場では8種類5.000匹ちょと17袋の出荷でしたが、今週は9種類で5.000匹弱の20袋した。

今年に入って初めての430袋越えの出荷量でめだかの総数では20万匹を超えたのではないかと思います。

すごいでしょう!毎週このようなめだかが埼玉県の加須市で取引されているんですよ。

ここから全国の販売店やペットショップに出荷されていきます。

これから夏休みに向かい益々出荷量が増えます。

意外と埼玉のめだかも行動範囲が広いと思いますのでお近くの販売店で販売されているかも!!

当園のめだかを始め、埼玉のめだか宜しくお願いします。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

体内光×北斗!

ファイル 401-1.jpgファイル 401-2.jpgファイル 401-3.jpg

皆様、こんばんは!

北斗をお待ちの皆様、やっとLMサイズまでなって来ました。

今お待ちいただいている皆様早々にご連絡しますのでお待ちください。

当園に出来ました体内光も北斗も産卵サイズとなりましたので掛合せしたいと思います。

体内光の体外光が出ないよう、北斗の光りが乗り相乗効果が出ることを期待します。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

アルビノめだか 繁殖に良い季節になりました!

ファイル 400-1.jpgファイル 400-2.jpgファイル 400-3.jpg

皆様、こんばんは!

梅雨に入り気温が不安定で水質も不安定。飼育容器の水も汚れ気味!子めだかは少しづつ大きくなり容器替えもしなくてはならず忙しい日が続いています。

6月始めまでは水温が低いため、アルビノめだかの孵化した稚魚は少しずつ減り育たなかったのですが、中旬を過ぎてからは水温も上がり生存率が上がってきました。

これから7月一杯まではアルビノを育てるのに良い季節だと思います。育ちにくいアルビノを育てるのは今、今がチャンスなんです!

当園のやり方を紹介します。
産卵後産卵床を水深6〜8cm位の容器に入れ孵化を待ちます。
この間、水温は余り上昇させないようにしています。
孵化後は普通のめだかと同様に粉餌を1日2回程度与えます。
当園はこれだけです。

約3週間位経つと大きくなってきますのでより大きい容器に移し替えます。

この容器も最初は水深を浅めにして、めだかの育ちとともに徐々に水深を上げ普通めだかと同じ飼育環境にして飼育します。

繁殖が難しいと思っている方、今年は挑戦してみてはいかがですか!

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ザ メダカスペシャルと体内光!

ファイル 399-1.jpgファイル 399-2.jpgファイル 399-3.jpgファイル 399-4.jpgファイル 399-5.jpg

皆様、こんばんは!

今日は当園で孵化したザ メダカスペシャルと体内光を紹介します。
このめだかは九州の友人から昨年送っていただいた個体が親となっています。有難うございました。

3月末にハウス内で産卵し今どちらもLMサイズまで大きくなり繁殖できるサイズとなりました。
このめだかは透明鱗、青、青光り、白透明鱗と色々な色合いになって出て来ました。
どちらも体内光の光りが入っためだかでどちらも同じ様な個体となっています。
今、スペシャルは体外光が載っていませんがすぐにも載るような状況のようです。

今回は、ザ メダカスペシャルの透明鱗と青光りの2色を繁殖させようと思います。
透明鱗は当園の北斗と同じ様な背中の体内光をしています。
これから体外光が載り綺麗なめだかへと変身してくるものと思います。

また、青光りは月虹の青個体と類似していますが、尾びれ付近に体内光が載り白く光っています。月虹とは少し違った風合いの個体となるようです。

体内光の方ですが、写真でご覧いただける様にもう背中内の体内光が見え始めました。
殆ど北斗状態です。もう少し立ち体内光がはっきりした時点で繁殖させようとしている今日この頃です。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

一度で二度美味しいメダカ ラメ体内光幹之F1!

ファイル 398-1.jpgファイル 398-2.jpgファイル 398-3.jpgファイル 398-4.jpg

皆様、こんにちは!

4月初めにラメ幹之と体内光幹之で掛け合わせたF1めだかが産卵サイズになって来ました。

F1めだかでは親の特徴はあまり出てきませんが、このめだかは何となくそれらしき体色となって来ました。完璧な体色ではありませんがラメ体内光幹之だと思います。

F2で完璧なものが出来ることを期待しています。めだかさ〜んもう少し体内光とラメを入れてください。宜しくお願いします。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

赤色月虹 F1!

ファイル 397-1.jpgファイル 397-2.jpg

皆様こんばんは!

今日紹介するめだかは月虹の掛合せのF1です。

赤系の光りめだかと白月虹を掛け合わせました。今年産まれたこのめだかは今、薄オレンジ色となりLMサイズになりました。

背中の光り具合ですが、光の当たり具合でうっすらと虹色が見えます。これから光りが濃くなってくるものと思います??
今、F1同士、白ラメ幹之、青幹之、もう一度白月虹の組み合わせで掛合せしています。

赤色の体色で光っためだか早く出来てくださ〜い。おっお願いします。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

古代蓮 観光案内!

ファイル 396-1.jpgファイル 396-2.jpgファイル 396-3.jpgファイル 396-4.jpg

皆様こんばんは!

今日、古代蓮の里に寄って蓮を観てきました。

今年の行田蓮の開花状況は、池の一番近い所は開花しているのが多かったのですが、他の場所はまだこれからといった状況です。

今年の蓮開花期は、6月21日〜8月3日に決定され、この期間は、車で来場の際に普通車で500円の駐車料金を徴収されますが、何と今年は28日から徴収になるとのことです。

でも咲いた蓮は見られます。ですので明日、明後日の2日間の休日はまだ無料で駐車できます。蓮は咲いていますので是非観ご覧ください。

綺麗ですよ!1.400年〜3.000年前の人が観たであろう蓮の花を是非1度はご覧下さい。

詳細は、行田市観光案内で検索してください。

行田市には、石田光成が水攻めをした忍城(のぼうの城)を始め、埼玉県名発祥の地(埼玉古墳群)等もあり観光もできます。

帰りには、B級グルメのフライやゼリーフライがあります。

これも是非ご賞味ください。

今日は行田蓮と行田市の紹介でした。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

白めだか大きくなっていました!

ファイル 395-1.jpgファイル 395-2.jpgファイル 395-3.jpgファイル 395-4.jpg

皆様、こんにちは!

5月27日に取り上げた白めだかの産卵床から孵化しためだかですがだんだん大きくなりました。
現在、孵化して2週間位となりますが1cm前後に成長してきました。

産卵床を取り上げ普通であれば約9日間位で稚魚が出てくるのですが、今回はなんと4日目には孵化し泳ぎだすめだかがいました。
今や即席で出来る時代でしょうか!

今まで余りないのですが天候不順が影響したのか、受精卵をつけたまましばらくの間泳いでいたようです。
産卵後10日前後には沢山のめだかが孵化しほぼ予定どうりの数量になったようです。

先に孵化しためだかは1回り大きいので食害を心配しましたが今の所大丈夫のようです。

後は順調に育ってもらいたいものです。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

めだか研究 松山高校生徒の論文が国際学術誌に掲載される!

皆様、こんばんは!

6月17日の朝日新聞 埼玉版に掲載されています。

埼玉県東松山市にある県立松山高校の生物部に在籍された3人が在学中にめだかの遺伝子について研究した論文が国際学術誌に掲載されるとこことです。

細かい内容は良く理解できませんが(頭が悪いので!)アルビノ個体の中から黒めだかが3匹できたのがきっかけで研究されたようです。

初めはアルビノめだかの染色体が変異したため3匹の黒めだかができたのをきっかけですが、生殖細胞にも転移することが確認出来たようです。詳細は朝日新聞をご覧ください。

以前は、アルビノは劣勢遺伝で100%で普通めだかがいるときは混じったものと思っていました。

ところが当園の琥珀アルビノですが、オレンジ色が艶やかな良い色をしています。
1昨年より繁殖させていますが、昨年の繁殖で青〜琥珀の普通めだかが間違いなくできました。

今年はじめての産卵は8割がアルビノ2割は青〜琥珀になるであろう普通めだかです。

2回目はアルビノが9割以上で僅かにいます。

発生は毎回違うようで一定してませんが普通めだかができます。このめだかも同じように遺伝子レベルでこのようなことが起きているのかなぁ・・・知りませんでした。

何時かは赤目の普通めだかも出来るのかぁと待ち遠しく思っています!

松山高校生物部の皆さん、研究された3名の方々、関係された皆さんご苦労されたと思いますが、大変おめでとうございました。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ページ移動

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー