記事一覧

シート池 冬仕様に変更!!

ファイル 429-1.jpgファイル 429-2.jpg

皆様、こんばんは!

毎日秋晴れで大変良い天気が続きました。今日も朝から晴れ作業するには大変良い条件となってきました。

シート池は約3年で紫外線によりボロボロとなり張替えが必要となります。今使用している池もシートがビリビリとなりました。
1×4mの大きさで(場所の関係で)足場1段でできていましたが、今回、冬仕様も考え2段にして水深を取りました。

水量は今まで600Lくらいでしたが今度は1500L位となり2倍以上の容積となりました。

めだかの成魚を1500匹位入れることができ越冬させるつもりです。

シートを張り綺麗に折り曲げ出来たでしょう。また3年は使えそうです。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

第37回埼玉養殖魚祭り 第47回埼玉県観賞魚品評会が近づきました!!

ファイル 428-1.jpgファイル 428-2.jpgファイル 428-3.jpg

皆様、こんばんは!

今日は今月度3回目の市場がありました。今日のめだか状況は例年と同じようですが250袋弱となって来ました。
でも種類は色々と出荷され量が減少しただけなんですが。
例年、来年の3月近くまでこれ位の出荷量となると思います。

今年も10月の中旬となり後2回の市場が開催されると11月 3日(月)に第37回埼玉養殖魚祭り 第47回埼玉県観賞魚品評会が開催されます。今年もめだかは29水槽の展示で組合員の自慢のめだかが出展されます。

会場内では錦鯉、金魚、めだかの品評会と合せ即売会を合せ開催しています。秋の1日観賞魚をご覧いただき過ごされたらいかがですか。

今のうちから11月 3日に第37回埼玉養殖魚祭り 第47回埼玉県観賞魚品評会に来られますよう時間調整しご来場ください。お待ちしています。

写真は本日のめだか出荷状況と昨年の養殖魚祭り会場の様子です。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

小川ブラック系背びれなしめだか!!

ファイル 427-1.jpgファイル 427-2.jpg

皆様、こんばんは!

今日はブラック背びれなしめだかを紹介します。

このめだかも行田ブラックと同時期に掛合せ現在、F8のめだかです。

行田ブラックに比べると色は同じ位で余り大差ははありませんが周りの環境が変わり明るい所になるとやはり幾らか退色します。

当園の小川ブラックとほぼ同じ位の色かと思います。

行田ブラックでは目は出ませんでしたが、こちらは出目も遺伝して出目背びれなしまでいます。

今、黒幹之を作るべく背びれなしの流星と掛合せF2が出来たところです。

出来るだけ黒い幹之が出来ると面白いですねぇ〜。

連絡!!

ホームページの販売コーナーよりめだかの販売を初めました。
上の養殖日記 下にありますBACKをクイックするとホームページに接続しますので是非ご覧ください。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

行田ブラック近日中に販売!!

ファイル 426-1.jpgファイル 426-2.jpgファイル 426-3.jpg

皆様、こんばんは!

埼玉県地方は本日は晴れ大変良い天気になりました。これからは晴れが続きだんだんと秋本番に変わってくるものと思います。

産卵も終わり稚魚の成長も止まり気味になって来ました。水温に、水質に注意して下さい。

ブラックめだかもほぼLM寸〜L寸になりました。

9月度を販売の目あすとしてきましたが、近日中にホームページより販売を予定したいと思いますので少しお待ち下さい。

行田ブラック、小川ブラック系背びれなし、楊貴妃アルビノ背びれなし、赤色らんちゅうめだか(ほぼ楊貴妃)、北斗を販売予定します。

その他のめだかもありますのでメールで問合せください。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

またまた犯人はなんだ!!

ファイル 425-1.jpgファイル 425-2.jpg

皆様、おはようございます!

昨夜また何か当園敷地内へ侵入した“もの”がいます。被害はシュロの皮とメダカ容器2個落下させ落花生を食べていった模様。
ほかにも色々な所に入っていた形跡有り。

シュロの木の下には少ししか皮は残っていませんでした。どこかに運んだのでしょうか?

最近は何でこのような動物が入りこんだのでしょうか?
ハクビシンかアライグマかはたまた狸か大変嫌で怖いです。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ラメ入りクリアブラウン!!

ファイル 424-1.jpgファイル 424-2.jpgファイル 424-3.jpgファイル 424-4.jpgファイル 424-5.jpg

皆様、こんばんは!

埼玉県地方は本日は晴れ大変良い天気になりました。朝は大変冷え込んできて13℃近くまで冷え込んできました。
日中は26℃近くとなり気温差が大きくなった1日で、気候は確実に秋に近づきました。

今日はクリアブラウン光り体型を紹介します。

このめだかは普通のクリアブラウンより少しラメが多いと思います。市場等でクリアブラウンを良く観察しますが、ラメが殆ど入っていない個体が多く見受けられます。

このめだかは色の具合か角度かラメがよく見えたりみえなかったりします。確実にラメは入っていると思いますが・・・
光り体型の背中の光りと角度によって見えるラメが他のめだかにない美しさをもっためだかだと思います。

個人的にクリアブラウンの色合いが大好きです。黄、オレンジ色に黒の縁取りの鱗いいですねぇ〜。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

クリアブラウン普通体型!

ファイル 423-1.jpgファイル 423-2.jpg

皆様、こんばんは!

今年出来ましたクリアブラウン普通体型?を紹介します。
親を出来るだけ赤色が出ている個体で黒が強いものを親にしました。

普通のカメラで撮影したため写りが悪くてすみません。

ふつうのクリアブラウンより赤味が強く少し体色が違うようなめだかが出来ました。
普通のクリアブラウンて標準の色が良く分かっていませんが、少し違うと思っています。

このめだかは色といい体型といいすこしづつ違ったバリエーションのある面白いめだかだと思います。これからも色々なものが作られ、人気が出るような気がします。

同時期に光り体型ラメも作りましたので次回紹介します。今度は綺麗に写真を撮ります!

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

めだ友ご来園!

ファイル 422-1.jpgファイル 422-2.jpg

昨日は当園にめだ友が来られました。ヨタローさんを含め4名様が来られ当園のめだかいや設備をご覧になりました。

とても汚くて恥ずかしい限りですが、埼玉流(小暮流)の少量生産と大量生産の設備をご覧頂きました。
めだか飼育も大雑把なところもありますがこれでもめだかが育ちます。
また、普段見られないような凄いところももご覧頂でけたのではないでしょうか。

時間も余りなく余りお話もできませんでしたが、今後のめだか飼育に少しでも参考になれば幸いです。
時間が取れるようになりましたら、お伺いしたいと思います宜しくお願いします。

ご来園の皆さんの所で素晴らしいめだかが出来ますよう期待しています。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

9月度3回目の市が開かれました!

ファイル 421-1.jpg

皆様、こんばんは!

今日は市場の開催日でめだかを出荷しました。

本日の総出荷数は360袋前後で15万匹前後でした。夏場の時期よりは若干量が減っています。価格は少し・・・だったかなぁ。

今は市場には色々な種類のめだかが出てきます。緋めだかを始め白、青、楊貴妃など代表格が沢山出荷されます。
そして、各光り体型めだか、透明鱗めだか、幹之、ラメめだか、背びれなしめだかまで色々と出ていますよ。

当園は今回、楊貴妃パンダと幹之の関係を出荷しました。

価格的に良いのはやはりダルマ、ダルマがいいですねぇ。当園は余り作ってはいませんが羨ましいです。

めだかもそろそろ産卵も終わりの季節を迎えました。水温の低下に伴い色々と病気にかかり易い時期となります。水質管理にめだかの体調管理に注意して下さい。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

カマキリの水死!

ファイル 420-1.jpgファイル 420-2.jpg

皆様、こんにちは!

埼玉県地方も夏の暑さも一段落し例年の気温になりました。

例年ですがあまり好きではないのですが、めだか飼育容器内でカマキリの水死事件が発生します。

犯人ははりがねのような虫、はりがね虫が原因です。

どのようなサイクルで寄生するのか分かりませんが繁殖のためカマキリを水の中に入れてしまいます。

自然て凄くて怖いですね。
この虫“大大嫌い”です。あ〜ぁ気持ち悪い。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ページ移動