記事一覧

あれ水泡眼がいる

ファイル 564-1.jpgファイル 564-2.jpgファイル 564-3.jpg

皆様、こんばんは。
先日の日曜日は日高で行われためだか展示会に4名で行ってきました。(本当は3人に連れてってもらいました。)

当日会場では沢山の来場者で大変込み合っていました。めだかは最新の品種から展示されていて作出者の自信作がたくさん展示されていました。

自分が参加していない展示会、品評会に行ったのは初めてで大変勉強になりました。メダカすくい、オークション等。

主催者の皆さん、展示参加者の皆さん大変ごお疲れ様でした。十分楽しんできましたよ。ありがとうございました。内容はほかのブログで紹介されていると思いますのでご覧下さい。

今回の一番の収穫はあの有名な”だっておばちゃんだもん”に会えたことです。忙しく動き回り大変お疲れ様でした。今度ゆっくりメダカ談義をしたいもんですねぇ~。楽しみにしています。

またいつもお会いしている皆さん色々と情報交換有難うございました。
最新のめだかからおいていかれている当園には良い勉強になりましたよ。有難うございました。

話は本日に戻ります。
朝、餌を与えていたとき、いつも見ているめだかが目が、眼が膨らんでいるように見えました。そうヒレ長ロングフィンの容器です。
いつも愛用の1.6倍のルーペで見ると両目と片目がいるではないですか。でも何故かオス。これに気を良くして色々と容器を見ていくと紅虎透明鱗にも片目と両目?がいました。
これもオス。ちなみに容器の数は50以上のぞきました。

これってもしかするとできるの?と単純な思いこみで卵を取るべく飼育容器を作りました。
新しいめだかでなくてもこんな楽しみはありますよ!F3F4でできるかも?なんて楽しみが一個増えました?挑戦してみます。

当園の水泡眼GSは稚魚が泳ぎ始めました。そう遠くない時期に販売ができてくると思います。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。