記事一覧

めだかの大量死について!

皆様、こんばんは。

今、めだかが死ぬことが多くありませんか?
今までは余りありませんでしたが、急に飼育しているめだかが死亡することが多くなってきたと思います。

屋外で飼育しているめだかでは余りそのような事はないと思いますがハウス内や軒下、屋内で多く発生することが多いようです。

関東地方の話で進めます。
ここ3年は7月20日頃が梅雨明けですが、明けてから天候が悪くなりなり気温が30度前後で曇りや雨の日が多くなり低温が8月10日頃まで続きました。
いつも低気圧があるような天候かと思います。(気圧が下がるとロクな事がない。)

今年も例外では無いようでめだかが死んでいます。
当園でも昨年もこの時期に入りハウス内で病気が発生し死んでいます。

対策は・・・これといって無い?んです。
昨年も発生しましたが塩、殺菌剤、殺虫剤を使用しましたが余り良い結果にはなりませんでした。

昨年、当園ではありませんでしたが、ハウス内飼育でめだかが死んでゆくという事例がありまして、関係機関で調査しましたが虫や菌類は付いていませんでした。原因が分からず対策もわかっていません。

死亡する条件は色々なケースがあり、当てはまらない場合があると思います。

対応は、大事なめだかはこの時期は屋外で地面につけ太陽光が当たる所に置いたほうが良い。当園だけがこのように思っているのかは分かりませんが・・・

ハウス内の対応は・・・水替え、塩、殺菌剤、殺虫剤しかない。

あくまでも私的意見ですので、責任が持てませんので対応は自己責任で色々とやって見てください。お願いいたします。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。