記事一覧

灯のラメて色付きはみんなオス??

ファイル 527-1.jpgファイル 527-2.jpgファイル 527-3.jpg

皆様、こんばんは。

灯りを掛け合わせたラメが大きくなり産卵サイズになって来ました。

なぜなんでしょう?灯りの特徴が出ているめだかがみんなオス。

メスはみんな地味な黒系の色か白色。当園だけでしょうか。

不思議ですねぇ!親には色々な色が出ていたのに!子供には色々な色が出るのかなぁ!

あぁそういえば黒ラメの中に出ていた茶、黄色のものはすべてオスでした。黒ラメの中に出た色付きは遺伝しないと聞いたような気が・・・

このまま灯ラメが出来ると色付きはオス、黒系や白色はメスのままなのかなぁ・・・

でも悲観することは無いようです。ハイ!
灯の多彩な体色がオスラメしかのらなくとも3色ラメより綺麗かも?

子供におおいに期待できるめだかだと思います。卵さん早く孵化して夢を実現して。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

次世代北斗めだか??

ファイル 517-1.jpgファイル 517-2.jpgファイル 517-4.jpgファイル 517-5.jpg

皆様、こんにちは。

今日は北斗の改良種を紹介します。

北斗めだかは2008年当園で作出しました。あれから9年の歳月が経ちました。

まだ幹之がいない頃のお話で体内光が最初は白色のめだかでした。それがやがて黒に変わり現在に至っています。

ブームになって騒がれたり色々とありましたが、今でも北斗という名称で残っており大変嬉しく思います。

北斗は青色透明鱗ですが、そろそろ色を付けてもいいかなと思い昨年度数種類のめだかと掛け合わせました。

写真のめだかを次期北斗としていかがでしょうか?背中の中の体内光と尾の部分の黒ずみで固定できればと・・・・

写真が上手く撮れませんでしたがイメージでご覧下さい。ちゃんとできましたら再度掲載します。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ロングフィン光り稚魚大きくなりました!!

ファイル 501-1.jpgファイル 501-2.jpgファイル 501-3.jpg

皆様、こんにちは。

しばらくぶりの更新になります。

昨日は当地方でも12cmの積雪となり、雪対策にネット外しやら散水にと対応しました。おかげさまで何の被害もなく今回は被害がありませんでした。

今後、何回の積雪があるか分かりませんが雪は大変怖いです。

今回は昨年末に光り体型のロングフィンを紹介しましたが、稚魚が大きいものでM寸になってきましたので画像を紹介します。

なぜかオスが大きくメスは小さいようです。ヒレの大きさで餌の量と運動量でサイズが違うのでしょうか?だいぶ大きさにバラ付きがあります。

また何故かオスが少ないような気がします。

このめだかが沢山のペアーが出来れば良いのですが、孵化率が極端に悪く大量繁殖には向いていないようです。

このオス個体も大きくなると”カッコ良くなる”と期待し少しでも多く繁殖出来ればと思っています。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

青蝶光りのその後!!

ファイル 500-1.jpgファイル 500-2.jpgファイル 500-3.jpg

皆様、こんにちは。

あっという間の1年でしたが今日で晦かを迎えます。

この1年沢山の方々にお世話になりました。お礼申し上げ上げます。

来年も宜しくお願いします。

今日は今年最後の投稿となりますが、来年には販売ができると期待してロングフィン幹之光りその後を紹介します。

大きさももLサイズに成長し半ダルマ体型でより一層背ビレと尻ビレが大きく感じられます。
ヒレと体型のバランスで横見は結構良いせんいっていると思っています。

ただ繁殖率が悪く(ヒレが大きいから?)増えてくれません。

来年に期待のめだかです。

良いお年をお迎えください。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ブラック黄金背びれなしのその後!!

ファイル 498-1.jpgファイル 498-2.jpgファイル 498-3.jpgファイル 498-4.jpgファイル 498-5.jpg

皆様、こんにちは。

前回、このめだかを公開してから加温しF4をとっています。

出来た稚魚は8割方黒く見えています。ある程度色が固定してきたようです。

毎日親めだかを見ていますが、メス親は少しずつラメが増えてきたように感じます。ブラック黄金のラメの色合いは、ちょうどブロンズ像を磨いて光っている部分がラメのような感じです。

めだかがLLサイズに近づき赤色や青色などが背中の部分に幾らか見えてきたようです。

だいぶ遅咲きでしたが写真のF4に期待したいと思います。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

赤の黒斑ブラウンF1!!

ファイル 494-1.jpgファイル 494-2.jpgファイル 494-3.jpgファイル 494-4.jpg

皆様、こんばんは。

先日、紹介しました赤の黒斑ブラウンF1ですが産卵サイズになり、ついに卵を付けた個体が確認できました。

先日の写真で背中に黒スジになった個体がいますが、幼魚紋みたいな感じでしたが今も健在で残っています。これって黒斑が遺伝してるのかな?

何か気になる黒スジです。

写真4がこの前に出来た普通の赤ブラウンです。この個体には無いような気がします。
F2が孵化して早く大きくなるのが楽しみです。早く育って!

それと水カビ病が発生してきたようです。特に稚魚は注意してください。
発生した場合、殺菌剤を規定量と100Lに500gの割合で塩を入れてください。効果あると思います。
なお分量は自己責任でお願いします。


皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

赤ブチブラウン!!

ファイル 491-1.jpgファイル 491-2.jpgファイル 491-3.jpgファイル 491-4.jpg

皆様こんにちは1

赤ブラウンとして産まれ黒の模様が入っためだかが2匹今年できました。

そのうちの1匹がこのめだかになります。

オスで背中の真ん中に黒染みのような模様が入りました。

現在、このめだかのF1がMサイズまでなってきました。

このような模様が遺伝するかどうか分かりませんが来年の夏くらいまでには結果が出ると思います。

出来たら夢が広がるのですが・・・

昨年、幹幸にいた黒尾はF3の段階で未だ発生は見られませんでした。

出来て!

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

より良いブラックラメに挑戦!!

ファイル 488-1.jpgファイル 488-2.jpgファイル 488-3.jpgファイル 488-4.jpg

皆様、こんにちは。

先日紹介しました。ブラック黄金ラメですが、結構両側面はラメがのり自分なりに気に入っています。

背には幾らかラメが点在しており、累代で今よりはラメが背に乗ってくる個体が出てくるものと思います。

黒くなればなるほどラメの乗りは悪くなるのですが、もう少し背にラメを乗せたいのでこれとは別に再度ラメを掛け直ししたいと思います。(できるかどうかは別。)

写真のめだかは、ラメが乗っているメスです。幾らかでも背にラメを乗せるべく写真4のオス個体を掛け黒ラメラメ個体に挑戦したいと思います。



皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

北斗系めだか!!

ファイル 484-1.jpgファイル 484-2.jpgファイル 484-3.jpgファイル 484-4.jpg

皆様こんにちは!

今日はいつものタッチから少し変えて書いてみました。

昨年は北斗の改良品(黒々)が四国方面より情報が流れてきた。んそういえば北斗が出来てから6年目を迎える。この辺で違う色合いの北斗を作りたいと心の中でつぶやいた。

色々掛け合わせを考えると赤系がやっぱりいいかぁ。今いる透明燐は琥珀と赤虎だ。う~んどっちにしよう・・・やっぱり琥珀だなぁ!!と早春4月に考えた。

掛け合わせる候補の北斗にはその時2種類いた。北斗とj北斗×全身体内光F2だ。この時、琥珀オスでこの2種類を掛け合わせることにした。

F1は7月~8月には産卵サイズとなりどちらも透明燐の個体を親にF2をとる。

F2がやっとMサイズ位になってきた。どちらもお爺ちゃん、おばぁちゃんにがいない!足して合わせた色合いもいない。フレーミング間違えたメンデルの法則ではいるはずだが・・・
どちらかと言うと北斗×全身体内光F2の方が良い。

写真のめだかF1と今、出来ている子F2のなかの親にするならこれかなというめだか、春までにはもう少し特徴が出て親にしたいなぁと思うんだろぅなぁ。と心の中でつぶやく。

だめなら全部ゴミかなと2つの選択肢を考えている弱気の俺。

これがめだかを掛け合わせた時いつも考えていることで大体はこんな感じかなぁ。巧く出来成功することはほんの一握りなんですよ。

このほかに沢山のゴミめだかがいっぱいいる現実。

写真のF2めだかは琥珀透明燐×(北斗×全身体内光F2)です。 

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

幹之×スワローF3 !!

ファイル 481-1.jpgファイル 481-2.jpgファイル 481-3.jpgファイル 481-4.jpg

皆様こんにちは!

ロングフィン幹之とスワローを掛け合わせたF3が大きくなってきました。

その中で体外光の出た個体を紹介します。(体色は青、白が大部分でした)

ブログ上ではすごく光った固体など見受けられるようになって来ましたねぇ。うらやましいです。

当園のめだかはまだ余り体外光が出ていませんが産まれてくるであろう子供に期待し紹介します。

体外光は点光~強光位が出来ました。ここにいる光個体は残念ながら体外光は乗っていません。

普通体型と光体型の両方ができるようにともくろんでいます。幹之にロングフィン幹之を使いましたので、この辺の特徴が出ることを期待し幹之スワローを作り込もうと思います。

結果は、来年にまた紹介が出来るのではないかと思います。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ページ移動