記事一覧

あれ水泡眼がいる

ファイル 564-1.jpgファイル 564-2.jpgファイル 564-3.jpg

皆様、こんばんは。
先日の日曜日は日高で行われためだか展示会に4名で行ってきました。(本当は3人に連れてってもらいました。)

当日会場では沢山の来場者で大変込み合っていました。めだかは最新の品種から展示されていて作出者の自信作がたくさん展示されていました。

自分が参加していない展示会、品評会に行ったのは初めてで大変勉強になりました。メダカすくい、オークション等。

主催者の皆さん、展示参加者の皆さん大変ごお疲れ様でした。十分楽しんできましたよ。ありがとうございました。内容はほかのブログで紹介されていると思いますのでご覧下さい。

今回の一番の収穫はあの有名な”だっておばちゃんだもん”に会えたことです。忙しく動き回り大変お疲れ様でした。今度ゆっくりメダカ談義をしたいもんですねぇ~。楽しみにしています。

またいつもお会いしている皆さん色々と情報交換有難うございました。
最新のめだかからおいていかれている当園には良い勉強になりましたよ。有難うございました。

話は本日に戻ります。
朝、餌を与えていたとき、いつも見ているめだかが目が、眼が膨らんでいるように見えました。そうヒレ長ロングフィンの容器です。
いつも愛用の1.6倍のルーペで見ると両目と片目がいるではないですか。でも何故かオス。これに気を良くして色々と容器を見ていくと紅虎透明鱗にも片目と両目?がいました。
これもオス。ちなみに容器の数は50以上のぞきました。

これってもしかするとできるの?と単純な思いこみで卵を取るべく飼育容器を作りました。
新しいめだかでなくてもこんな楽しみはありますよ!F3F4でできるかも?なんて楽しみが一個増えました?挑戦してみます。

当園の水泡眼GSは稚魚が泳ぎ始めました。そう遠くない時期に販売ができてくると思います。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

Newブルースターダスト群泳!

ファイル 563-1.jpgファイル 563-2.jpgファイル 563-3.jpgファイル 563-4.jpgファイル 563-5.jpg

皆様、こんばんは。

今日は市場出荷用に飼育しているNewブルースターダストを紹介します。

毎週水曜日が組合の市場開催日になります。当園の一番人気?のめだかです。

今年もすでに?000匹出荷しています。ラメ幹之の中でもラメの乗りが良いめだかです。

体型は当園の特徴であるちょっと太め目ですよ。

関東地方一体のショップやめだかやさん中心で販売されているものと思います。
Newブルースターダストという名称で販売されているめだかは、当園で飼育されていた可能性が高いと思います。是非購入した時は可愛がってくださいね。

写真は本日のたたき池のズーム写真です。だんだん匹数が増えていってセンターがどこか分からなくなりましたが大体この辺かと思います。

この他には幹之は大量に飼育しています。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ものになるか体内光R!

ファイル 562-1.jpgファイル 562-2.jpgファイル 562-3.jpgファイル 562-4.jpg

皆様、こんばんは。

北斗Rと体内光とのF1が卵を持ち始めました。

体内光で色付きができないかと”もくとんで”掛け合わせたのですが、北斗Rとは少し違うかなて色合いとなってきました。

欲を言えば背中の中に体内光が欲しいものですが。出るのか出ないのか半信半疑です。
このままだとただの透明鱗になってしまうのですが・・・

めだか君、頑張って体内光を出してよ!私の切なる願いでした。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ブラウン系透明鱗!!

ファイル 561-1.jpgファイル 561-2.jpgファイル 561-3.jpgファイル 561-4.jpg

皆様、こんにちんは。

今日は累代でとっているレッドブラウン光り体型より発生しました透明鱗を紹介します。

このブラウンの系統は今までレッドが普通体型と光り体型と完全に分離しホワイトが光り体型にできたため3種類になりました。

去年あたりから水泡眼も加わりますます変化は進んでいます。
今や水泡眼の固定が進み販売が出来るところまこぎつけました。

今回紹介するめだかは5種類目?水泡眼と同じ容器内に発生しました。

光り体型のため交雑は考え難く(光り体型は余り好きではないため飼育数が少ない)この容器内で発生したものと思います。

このめだかのF1を昨年内に取り子供が今、産卵するところまで来ました。

親を見ると頭が結構赤く体は黒く透けているように見えます。
同じような個体を親に産卵させているところです。

この体色で固定できれば・・・・いいですねえ面白いですね!

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

H30 天空の釣行記

ファイル 560-1.jpgファイル 560-2.jpgファイル 560-3.jpgファイル 560-4.jpg

皆様、こんにちは。

今年も5月11日12日で新潟県にあります奥只見湖に釣りに行ってきました。

毎年通り白銀温泉の民宿 樹湖里さんにお世話になりました。

例年この時期はまだ雪が平均2~3m位が普通でしたが今年は、里雪型で少なめだったっそうで雪が少ないため早くも湖水ももうすぐ満水になるところです。(農業用のためなんでしょうか?)

昨年は10年に一度?の釣果でしたが今年はあと少しで坊主になるところでした。

1日目は魚に嫌われ当たりすらありませんでした。天候は晴れで良かったのですが・・・・

でも相棒は結構大きい岩魚(50cm弱)のを含め数匹をゲット トホホ・・・

北ノ岐船着場から恋ノ岐へ大津岐へ只見川本流へそして中ノ岐へと銀山湖の多くを回りました。
これも餌のワカサギ探しと昔よく行った思い出の場所がどのようになっているのか、確認したく船を走らせました。
懐かしかった只見川には早くもワカサギが登り始め産卵もピークになっているものと思います。
川底には多くのウグイが同じく産卵していました。川底が赤黒く見えていました。

福島県の釣り師の皆さんもう釣りに時期がきましたよ!

2日目は、昨日の午後に行った中ノ岐にある釣り場へ。ちなみに船着場から全開で55分かかるんですよ。

なんと本日は3匹の岩魚とサクラマスをゲット。あぁ~良かった。

毎年ほぼ同じ場所で写真を撮りましたが、いかがでしょうか?若芽がふき新緑の景色へと移りつつあります。

2日間をのんびりと昔を懐かしみ釣り三昧を楽しんでこれました。

民宿 樹湖里さんお世話になりました。またよろしくお願いいたします。
奥只見の状況は民宿 樹湖里さんのHPをご覧下さい。
もう観光船も就航みたいだ?

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

(仮)水泡眼GS!!

ファイル 559-1.jpgファイル 559-2.jpgファイル 559-3.jpg

皆様、こんばんは。

以前より投稿していました水泡眼めだかですがやっと?F4までなってきました。

ちゃんと遺伝しています。発生率は 固定率はと関心があると思いますが5%以上は確実に10、15%以上?か。

産卵も始まりF5がもう少しで顔を見られるところまで来ました。眼球保護のため当園では珍しくほてい草を産卵床に使ってますよ。

このめだかが大きくなりましたら販売を始めたいと思います。

どうぞお楽しみに。

皆様にお願い! 

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ヒレ長ロングフィン幹之GS(行田スペシャル)!!

ファイル 558-1.jpgファイル 558-2.jpg

皆様、こんばんは。

先日の日本観賞魚フェアーに出品しましためだかですが尾長体型という部門で総合優勝、部門別優勝を頂きましためだかは次の通りです。

ヒレ長ロングフィン幹之GS(行田スペシャル)光り体型

ヒレ長ロングフィン幹之GS(行田スペシャル)普通体型

どうぞよろしくお願いいたします。

皆様にお願い! 

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

当園の新品種めだかにGS表記について!!

皆様、こんばんは。

長かった五月連休も過ぎました。
楽しい思いでが残せましたか?普段できないことが出来ましたか?
また今日から普段の生活へと戻りました。今度は夏休みですね。仕事に学業に少しの間頑張りましょう。

本題ですが、当園でこれからできる新品種めだかの名称ですが、今までと少し変更をしたいと思います。

読めないような難しい名前や名前からは想像できない色、体型等たくさんいてどんなめだかか想像が出来ず分からなくなってきています。

皆さんも名前を言われても分からないものが多いのではないでしょうか。

当園は新品種めだかの名称はできるだけ、そのめだかの特徴や品種が反映されたものとしたいと思います。

そして当園で作られためだかの印に最後にGS(行田スペシャル)の2文字を入れていきます。

当面、この方法を取っていきたいと思いますので皆様方にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

皆様にお願い! 

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

第36回日本観賞魚フェアー 改良メダカの部 総合優勝

ファイル 556-1.jpgファイル 556-2.jpgファイル 556-3.jpgファイル 556-4.jpg

皆さんこんばんは。

前回の投稿から長い時間が経ちました。

この間に3か月ほど体調不良になり、休業状態でしたがやっと遅い春を迎え体調がほぼ戻ってきました。”今は大丈夫です。”

今回の第36回日本観賞魚フェアー 改良メダカの部でヒレ長ロングフィンの光り体型と普通体型が総合優勝(日本観賞魚振興振興事業協同組合理事長賞)と尾長体型の部優勝を頂きました。

写真のメダカは上手く撮れませんでしたので、当園での撮影個体です。

昨年度の埼玉につづき今度は日本観賞魚フェアーで評価を頂き大変光栄に思います。

今日は沢山の方々にお会いし、お話しでき有意義な1日を過ごさせていただきました。大変ありがとうございました。

今年はこのメダカはよりヒレ長に!ベタのようなメダカをと改良を進めていきたいと思います。

期待してください。

ご無沙汰してます。(仮)体内光マーブルめだか!

ファイル 555-1.jpgファイル 555-2.jpgファイル 555-3.jpgファイル 555-4.jpgファイル 555-5.jpg

皆様、こんにちんは。

ブログを長い間お休みしていました。皆様ごめんなさい!

1月度より1ヶ月間冬眠していました。なんとかめだかの世話ができるようになりましたので、これから飼育しているめだかを紹介していきたいと思います。

当園では全国で有名なめだかは余りいません。どちらかというとオリジナルのめだかが主です。

最先端のめだかとは少し遅れているかな・・・とは思いつつ皆さんにご覧いただきたいと思います。

昨年の更新の最後が、埼玉県観賞魚品評会めだかの部で総合優勝をいただきましたヒレ長ロングフィン青蝶光体型めだかでした。

この時の品評会で他に3点入賞をいただきましたので今後紹介させていただきます。

今回のめだかは全身体内光の改良種(少し固定率を上げた)のめだかです。

尾筒の部分が体内光と体内黒になっているめだかで北斗と全身体内光が混ざったような感じのめだかです。
ですが北斗の血は一切入っていません。

体色の違いにより光に差があります。数が揃うと色鮮やかに見えます。
体内光が全てのっている個体から黒が混じっている個体までいるので(仮)体内光マーブルめだかとして紹介させていただきました。

皆様にお願い!

構成上文面内にぽちアイコンができませんので、出来ましたらブログ名の行田淡水魚養殖日記からご覧頂き、左側にアイコンがありますので1ぽちお願い致します。

ページ移動